NOTE 2020

2020.4.11・17 十三公園・姫島浜公園
買い物途中で通り掛かった近所の公園の桜と花桃が満開だったので改めて撮影に行ってきました。十三公園の桜は御衣黄(ぎょいこう)という緑がかった花が特徴の珍しい種類で、京都の平野神社や御室仁和寺で見かけます。京都の花に比べるとピンクが濃く入ってきていてまた違った可愛らしさがありました。姫島浜公園では花桃が満開で豪華絢爛の光景。色彩の交じり方がダイナミックで思わず原付を止めて撮影しました。
一週間後、十三公園ではこれも珍しい八重桜の関山(かんざん)が満開に。近場の公園であまりお目にかかれない桜を楽しめたのは良かったです。
2020.3.29 服部緑地都市緑化植物園
近場の定番、服部緑地都市緑化植物園へ行ってきました。春本場と思えないような冷たい空気でしたが陽射しはさすがに春を感じさせるものがあり遅咲きのツバキやチューリップ、枝垂桜など園内は春爛漫。ツバキは華麗な花姿のものが多くバラやハイビスカスのように見えるものもあって豪華絢爛。シーズンの最後を華やかに飾っていました。枝垂桜とチューリップは満開で見頃。遠方の桜を楽しめない状況ですが近場でも充分春を楽しむことができました。
2020.3.21 尼崎都市緑化植物園 3.22 鳥取花回廊ツアー
昨日に続いて今日は鳥取花回廊ツアーです。ツアーはまず山田養蜂場に立ち寄りいちご狩り食べ放題。様々な種類の味の違いを確認しながらお腹いっばい楽しめました。次は鳥取花回廊で久振りの来訪です。ドーム温室ではランがトンネルを形成していてとても見事でした。ラン以外にもパンジーや緋寒桜などが見頃で春爛漫の光景を撮影することができました。
3/21 久しぶりのお散歩でふぃこ・ちゅらと一緒に尼崎都市緑化植物園へ行ってきました。風まだ少しつたかったけど陽射しは暖かく日向で動いていると汗ばむほど。ふぃこ・ちゅらは元気いっぱいで花壇の周りや芝生広場をお散歩。少し小走りになるほどのテンションで楽しんでいました。普段はお散歩しないので公園などを歩くのは嬉しいようです。僕たちも春の陽射しを楽しむことができました。
2020.3.14 奇跡の星の植物館
冬に逆戻りしたかのような冷たい雨の中、奇跡の星の植物館に行ってきました。日中の気温が11℃と身に染みる寒さでしたが館内は暖かく和モダンのラン展が開催されていて別世界。華やかな中にも落ち着いた風情がありました。和風の庭の一角では陽光桜が満開になっていて春爛漫の風情で外の寒さを忘れさせてくれました。館内から出るころには雨は小止みになっていて雪柳やギョリュウバイが滴に飾れてキラキラ。冷たい空気でしたがランなどの華やかさで寒さを忘れる感じでした。
2020.3.1 服部緑地都市緑化植物園
自宅から原付で15分ほどと近く植物の種類も多い服部緑地都市緑化植物園へ行ってきました。ここは大規模ではないけれど季節の花がよく揃っていていつ行っても楽しめます。
今回は遅咲きのツバキやトサミズキ、スモモなど早春のお花が勢揃い。少し起伏のある園内を撮影しながら歩くのも気持ちがいいです。穏やかな陽射しも春の気配があり、のんびりと撮影を楽しめました。
2020.2.24 スキージャム勝山
暖冬の影響でスキー場に積雪がなく延び延びになっていたスキージャム勝山に行ってきました。ゲレンデは雪不足でベース付近がクローズ。上部でもクローズのコースがありました。それでもトップ付近は樹氷が少し残っていて雪質もまずまずで午前中は快適でした。
午後は気温が上がって雪も重くなってきたのでコースを変えながら滑っていましたが、足に疲れが出てきて早めにベースへ。林道コースでクローズ部分を迂回して下りました。滑った後はいつものように温泉で疲れを解してから帰路につきました。
2020.2.23 大阪城公園 梅林
風は少し冷たかったけど大阪城公園の梅林へ行ってきました。ふぃこ・ちゅらは今年初めてのお散歩でお堀端を元気いっぱい歩き梅林ではキャリーで移動しました。
梅は遅咲き種も見頃になっていて満開状態。風が強く香りは散り気味でしたが花に近づくと濃厚な香りを楽しめました。香りに誘われてかメジロも花から花へと大忙し。花に埋もれる姿は愛らしかったです。今年は開花が早く様々な主命を一度に楽しめてよかったです。
2020.2.15 京都府立植物園
京都府立植物園で早春の草花展が開催されているので行ってきました。前回同様、ツバキや梅もよく咲いていてしっとりとした和の風情がありました。少しずつ違う種類の花が咲いているのも楽しく、つい撮影してしまいます。
早春の草花展は早春というより春爛漫。チューリップやサイネリア・菜の花など華やかな展示でした。セツブンソウやフクジュソウといったなかなか見られない植物を楽しめるのも展示会のいいところ。たっぷりと春を満喫できました。
2020.2.11 万博公園梅林
暖冬の影響で開花が早くなっている万博公園の梅林へ行ってきました。園内は早咲き種が見頃で小さめの可愛い花が満開。たっぷりの陽射しで暖かくメジロも花から花へと飛び回っていました。早咲き種は一重で小ぶりな花姿ですが香りは濃厚。穏やかな風に乗って早春の風情が漂っていました。遅咲き種でも咲き始めているものもあり今年は花の時期がかなり前倒しになっているようです。雲が出ることもなくポカポカと穏やかな一日でした。
2020.2.1 京都府立植物園
真冬でも植物豊富な京都府立植物園へ行ってきました。北山門付近ではハンギングコンテストが開催されていて趣向を凝らしたハンギングがズラリ。華やかや雰囲気になっていました。園内ではツバキやセツブンソウが見頃で梅林では梅も咲き始めていました。温室内はランやカランコエなどが賑やかでさすがに植物園といった感じでした。真冬にこれだけの植物を楽しめてとても充実した撮影になりました。
2020.1.22 服部緑地都市緑化植物園
先日訪れた服部緑地都市緑化植物園のツバキが見頃になってきたということで行ってきました。温室内は先日とほぼ同じような感じでしたが、屋外の椿山は様々な種類のツバキがはなひらいていました。一目見ただけではツバキとは思えない花弁の重なりや花の大きさの違いなど見ていて飽きません。遅咲き種も多くまだまだ楽しめそうな服部緑地都市緑化植物園にまた来ようと思います。
2020.1.16〜19 沖縄ツアー
旅行会社のタイムセールで見つけた沖縄3泊4日のツアーに行ってきました。ホテルとレンタカーのフリープランでマリオットホテル3連泊という嬉しい内容でした。初日はレンタカーの手配が大混雑で3時間を要しホテルに到着したのが21時。移動で疲れた体をスパで温めてホッとしました。
1/17 豪華な朝食を済ませて一路海洋博記念公園へ。ドンヨリとした空模様で雨が降ったり止んだりでしたがまずは美ら海水族館にGo!ほぼ朝イチでしたがすでにかなりの人出でさすがに人気スポットです。ふわふわのクラゲや思わず「おーっ!」と声が出そうな大水槽を楽しんで熱帯ドリームセンターへ。髄分以前に修学旅行の仕事で来て以来ですが外庭のチューリップやハイビスカス、温室のランとも思っていた以上の華やかさでどっぷり沈没。午後の予定を雨空ということもあって変更しゆっくりと滞在することにしました。ランは2月のラン展に向けて改装中でしたが、それでも目を見張る美しさ。一日いても飽きないと思いました。
1/18 相変わらず冬の沖縄らしい曇天ですが今日は久しぶりに高校の友人と再会しました。以前中学校の仕事で来た時にも会いましたが今回は個人旅行なのでたっぷりと時間を取ることができました。友人の案内で八重岳桜まつり〜今帰仁城跡と回り真冬に咲く寒緋桜を楽しみました。頂上付近ではかなり見頃になっていてメジロも大忙し。風は冷たいけど春の風情を感じました。今帰仁城跡はまだ咲き始めといったところで友人によると2月が見頃とのこと。冷たい風の中でしたがチラホラ咲く姿に温かみをもらうことができました。
最終日は初日同様移動のみ。諸手続きもスムーズに済ませ空港で沖縄の名残を惜しみながら帰路につきました。
今回も友人には大変お世話になりおいしい居酒屋やキチンなど貴重な案内をしてもらい大変感謝です。来年は2月にぜひ再訪しようと思っています。
2020.1.13 服部緑地都市緑化植物園
ツバキの種類が多いということで服部緑地都市緑化植物園へ行ってきました。原付で15分ほどと近くなのですが行くのは初めて。エントランス付近はパンジーなどが花盛りできれいでした。温室にはツバキ専用のカメリアルームがあって種々のツバキが見事な姿を披露していました。屋外にもツバキ山がありまだ蕾も多かったけど種類の多さは驚くほどでした。
園内ではスノードロップやトサミズキなど季節の花があり充実していて見応えたっぷり。時期を変えて再訪したいと思いました。
2020.1.5 長浜ツアー
今年最初のツアーは滋賀長浜へ行ってきました。酒蔵で見学・試飲をした後は多賀大社へ。境内や参道は初詣の人で賑わっていてお正月の風情たっぷり。本殿前には滝のようにお神籤が結ばれていて華やかな光景になっていました。ツバキもちらほら咲いていてきれいでした。参拝した後は関ケ原でカニと牛肉の食べ放題ランチ。ここでお腹をたっぷりと満たし長浜の黒壁スクエア近辺を散策落ち着いた風情と輝くガラス工芸を楽しみました。。途中小雨がパラつくこともあったけど本降りになることはなく充実した一日でした。
  Note2001  Note2002  Note2003  Note2004  Note2005  Note2006  Note2007  Note2008
  Note2009  Note2010  Note2011  Note2012  Note2013  Note2014  Note2015  Note2016
  Note2017  Note2018  Note2019